私たちが作っています
加工品生産者編〜燻製品〜
トップページに戻る
私たちが作っています
お買い物はこちら
What's New
GreenHandsのこだわり
道産野菜・果物豆知識
会社案内
ブログ
お問い合わせ
お気に入りに追加
リンク集
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会
特定商取引に関する法律に基づく表示
プライバシーポリシー

有限会社GreenHands

〒003-0875 北海道札幌市白石区
      米里5条1丁目8−10
TEL&FAX:011-871-3411
E-mail:info@greenhands.co.jp
http://www.greenhands.co.jp/
Copyright (c) 2006
 GreenHands Ltd. All Rights Reserved.
   

「これほど味のある野菜、食べたことがない。トマトもピーマンもなすもキュウリも、こんなに美味しいものがあるなんて近くに住んでいるのに今まで知らなかった…」。4年前、野菜の販売を始めるきっかけとなったのは、そんな“感動”からでした。化学肥料や農薬を使えば農作業の手間も半減し、収量だってもっと多く確保できるはずなのに、彼らは化学肥料や農薬の使用を避け、土作りから一生懸命に行っている、そんな姿にも感動しました。

 彼らの先祖は蝦夷の開拓団です。130年前、荒れ放題だった石狩平野に居を構え、泥炭地と自然の猛威におののきながらも、少しずつ畑を広げていったそうです。農業に大事なことは第一に“土”だ、ということも先祖代々受け継がれてきた家訓のようなもの。完熟堆肥を使い、よく育ち病気にも強い力強い土作りが彼らの野菜の基本です。

 ただ、完全無農薬ではありません。私たち人間だって、風邪をひけば風邪薬を飲むし、頭痛がすれば鎮静剤を服用します。野菜だって同じです。悪い病気にかかってしまえば、一時的に薬を飲ませることもあります。ちなみにJAS有機栽培の野菜を見かけることがあると思います。JAS有機栽培として流通している野菜は無農薬かというとそうではありません。使用が認められている農薬がたくさんあるのです。

当社が日々畑を回り生産者と会話をして思うのは、大切なのは生産者がはっきりした野菜を選ぶということです。生産者が野菜に対して愛情を持ち、化学肥料や農薬の使用に危機感をもっているかどうか。そしてもうひとつ、当社のこだわりは“味”です。いくら安全に作ったと言っても美味しくないものは、お客様にはおすすめできません。安全かつ美味しい、当社の扱う野菜の条件です。

彼らのようなクオリティの高い生産者ともっともっと出会えれば、扱い品数も増えるのでしょうが、残念ながらそんなに簡単には見つかりません。だから、当社の野菜も数量限定、ほんのわずかです。どうぞ、季節限定・数量限定の北海道野菜をお召し上がりください。